スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事でおやすみします


今週は日曜日に仕事が入りまして申し訳ありませんが

更新はお休みします。

せっかく覗いて下さったのにごめんなさい。

気になる事は北極の氷が溶けて氷河の面積が最小になった事

シャープの支援をする台湾のホンファイの従業員数が

96万人もいる事、社長も名前を流石に覚えられないでしょう。

社員も社長の名前を知らない人が数万人単位で居るかもね。

従業員もまさか台湾だけじゃ無いと思うのだけどね。

それでも国民の何%になるのでしょう。
スポンサーサイト

今週は所用の為に短く(高齢化社会)


申し訳有りませんがいつもの絵も有りません。まあいいか!

高齢化社会が日本をすっぽり覆い尽くす日が近付いておりますが

地方から中央へその足取りは加速しております。都市部でも

高度成長期の団地などは高齢者で溢れております。

人は誰でも公平に老化していくものです。それは若い時に想像出来ない

不思議な体験であり、誰もが新しく体験するものです。こんなはずではない

そう思いながら中年を過ぎると加速度を増していくものです。

若いと思っていた中年時代はまだ若者の記憶を引き摺り、まだまだ等

考えていたのですがそれはある日突然に自分が老人になっている事に

驚かされるのです。そういうものなのですが、問題はこれが国と言う単位で

起こる時に危機が顔を覗かせるのですが、もう一つ先を観ると更に

地球規模でこれは起こると言う事を人類は今から考えておく必要があるのです。

1980年代に中国が21世紀に躍進していると考えた風が今この国が21世紀末までに

引き起こす悲劇を更にその他の人口巨大国並びにアフリカ諸国などの未来も

憂慮しなくてはいけません。

そう考えると今日本が未来の手本を探すのが重要です。高齢化未来モデルを

世界に示さなくていけない時が来ています。

巨大な借金を抱えた超高齢化社会を明るいものにするのは日本人自身。

さあ何をしましょうか。

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。