スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の歌を





英語の歌を聴いていると何となくこんな詩が思い浮かんだので

メモしておきました。うん実際の歌詞は全然違うのですが

歌の調子とイメージで勝手に自分で歌詞を作るのが

ビートルズ時代からの風の特技です。うん、簡単に言うと英語の歌を

聞いても分からなかったので自分で意味を与える癖がついたのです。

もっと簡単に言うと英語が英語が英語がトラウマです。バタリ!



時がくれば全てが分かる
今ただ苦しんでいる事や
悲しんでいる夜の闇が
君のそばにやがて来る朝の光の中に

打ち解けた笑顔が何時か
君の瞳の中に輝く事を
立ち上る朝もやの足下に
幾つも残された慰めや温かみを

肩にのしかかる重荷も
誰彼となく疑った言葉も
一つ一つの歩みの中に
解き放される影の様に

全てが立ち上る朝日の中に
君の瞳の中に



中東のアラビア語の歌などはもっと好きです全く単語も

分からない様な歌はめちゃくちゃイメージが広がります。

一度歌詞の意味の分からない歌で、自分勝手に作詞を楽しんで見て下さい。
スポンサーサイト
     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。