スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿の話しの続き

奇怪な世界2


柿の話しの続きです。農家の人と話していて、柿にも色々有って

新月の夜は甘くて満月の夜は渋い柿が有ると言う話しを聞きました。

(記憶力の保証が無いのでもしかしたら逆かも知れない)

もちろんこう言う場合はインターネットで検索して調べるのですが

なかなか上手い事ヒットしません。この辺りが能力の差なのか

いくつかのブログで同じ様な表現が有りましたが余り確定的では

無く実際に確かめた訳では無さそうです。

調べていて、思い出した事はそう言えばスペインでもKAKIの名前で

売られていたこと、日本から世界へ渡った物でその名も日本語です。

柿の渋はタンニンですがポリフェノールの一種らしいです。

老化防止にぴったりで甘柿にも渋柿にも含まれていて、渋柿の渋抜きは

タンニンを不溶性に変える事で渋みを感じさせなくしているようです。

甘柿のタンニンは最初から不溶性なので渋く感じないそうです。

面白い事に例え甘柿を植えても寒冷地では渋柿になってしまうそうです。

東北地方などでは皆渋柿しか出来ないようです。北海道では柿の木が

無いのかもしれません。沖縄も無いみたいです。

とここまで書いて何だか調べて書くと文章がですますになりますね。

藁葺き屋根の下にオレンジ色の干し柿が連なる色はとても美しい

その屋根に白い雪が積もるとさらに美しい冬の景色ができます。

北海道ではちらほらと雪ですからもうすぐ東北ではその風景も

見られそうですね。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。