スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い目で見る

春よ来い



春が近づいて来ているので気温が急上昇して二月末の気温ではなく

五月や四月の頃の気温まで上昇して温かい日々が続いた一週間でした。

その前の週が寒かったので(当たり前の気温だが)その上がり振りに

大きな違和感を感じた人も多かったのではないでしょうか。

北極圏の寒波の張り出しの影響で今年は異常な寒波に襲われている

世界の国々もこのような変動が起こるのかもしれませんね。

表題の長い目で見ると言うのは気象の話しではなくて実は人間の体

まあ動物の体でも良いのだけれど、その進化の時間が凄く感じられ

ほとほと感心しているからなのです。

まあ例えば目です。この周りの状況を光で感知して映像として

脳へ送り込み認識するというシステムが完成するまでに幾つの

年月が費やされていたのか、おそらく生命誕生から間もなく

これらの生命体は何らかの外界を認識する必要から触覚や

光、音、臭い、などを認知する必要に迫られて色々な器官を

発達させて来たのだろうが、その中で光を感知する仕組みが

やがて映像として脳へ送り込む仕組みへ変わり

動物に備わったことから(植物にはなぜ備わらなかったのか?)

目と言う器官が成り立ったのだろう。そこで人間が現れて現在の目の

システムが完成するまでは、おそらく人間が成立するまでの時間よりも

比べ物にならないぐらいの膨大な時間が費やされていると思う。

そういう風に人の体の様々な器官はとてつもない時間を経て

現在に至っている事を考えるとこの僅かな時間を生きる人生の

至福を思わざるを得ない。私たち一人一人がこの長い

時間で培われた仕組みを意識せず感謝せず生きていけるのは

とてつもない物を知る事無く生きている事に等しい気がする。

人が歴史を作った事だけで世界を考えるのはその前に存在する

現在の為に礎となった歴史を意識出来ていない事であり、必要な事が

欠けている事に他ならない。

人が凄いんじゃないよその人を生み出したものが凄いんだよ。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。