スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標は?

目標




本当は目的はと書くべきだが、何しろ分からない事だらけ、世界の

事情を一変させる事が進んでいる。いや、遅れていると言うべきか

トリプルAの評価世界最高水準のアメリカ国債のデフォルトが

8月2日に起こる可能性がある。まあ常識で考えるとこれは何でも

バカげているあり得ない話しと笑い話になるのだけれど。

このアメリカと言う国はある面、常識を超えた事をやってしまう

事は歴史が示している。良い面ではスペースシャトルのように

宇宙に突き進んだ事、悪い面では何度も起こした戦争や原爆の使用

善くも悪くも政治に依って突き進む面が民主主義の現れとも言える。

今回の米国国債の発行制限(上限は)ある意味よく考えられた良い

法律である、日本のように制限無しにGDPの倍以上も無制限に

発行してしまうダラダラした法制限のない国よりも真っ当と言える。

が国債を発行し続けるとこうなる事は明らか、そこまでに何か出来る

事をしなかった事が今回の危機を招いている。この危機は起これば

リーマンショックの比では無くておそらく世界経済が壊滅的な打撃

信用不安を起こす希有の出来事になる。何しろ世界中が米国国債を

所有している。第一位の中国二位の日本そのほか世界の名だたる国は

どうしようも無いくらい危険な爆弾を抱えている。

特別中国と日本は危ない事は確か。。。。

ギリシャが破綻してもせいぜいヨーロッパの国々が苦虫を噛み潰し

特定の銀行が破綻して行くぐらいで終わるだろうが、単に米国国債が

デフォルトにならずトリプルAから落ちる事だけでも米国債の

金利が上がり、経済的に怪しくなってくる。世界の基軸通貨のドル

暴落は世界経済に新たに混乱を引き起こす。

日本時間では八月三日になるのかもしれないがとにかく政争の具にして

上限引き上げ法案を弄び世界経済いや世界をどん底に叩き落とすような

馬鹿がいない事を祈っております。

そもそもその米国国債がスリーAになっているのは米国の格付け会社の

評価ですから、何なんでしょうか?デフォルトの可能性があれば

ギリシャと日本ともあまり代りばえがしないむしろデフォルトの可能

性がないと(現在の時点では)言える日本の国債の方が評価が上でも

おかしくないと言えるかも。


ちなみに31日現在でも審議は進展していません、午後にずれ込んでいます。

日本時間の八月一日になりそうです。いよいよ混沌。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。