スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金時代4(El tiempo de oro)

陽気な神経




海と言えばメインは魚釣り、瀬戸内海特に関門海峡はサカナの豊富な所で

水揚げ的には河豚(ふぐ)が有名です。捕れるのは瀬戸内科ではありませんが

ふく(下関ではふぐをふくと呼ぶ)の町で有名です。

しかし地物のサカナはとてもおいしく漁港の町としてなかなかのものです。

風はその地物のサカナを海に釣りに行くのですが、これがなかなか

難しく時と場所を選ばないとそう簡単には釣れません。もちろんハゼとか

ドコに餌を投げても釣れる魚もいますが、ちょっといいサカナになると

ハードルが上がります。冬のカレイや夏から秋のアイナメ、キス、コチ

等が好きな魚釣りでした。

一番面白かったのはアイナメ釣りでこれはちょっと変わっていて

潮が引くと現れる、岩に乗ってその下の隙間に隠れているアイナメを

釣ると言うもので、竿は50cmぐらい糸も1mぐらいとミニチュアサイズで

岩にそっと乗って落ち着くまでまって糸を垂らします。

そこらに50cmから1mぐらいの岩がゴロゴロしている所をピヨンピヨンと

飛び移りながらアイナメを狙います。潮が引いてますので海底までは

30cmから50cmと浅く少し離れた岩には一度海に浸かって乗り移ります。

アイナメは結構この釣りで20〜30cmのいい形が釣れました。

所がこの釣りのいけない所は関門海峡の早い潮の流れが干満の差を

大きくするのと干満のスピードを加速するので油断をすると

少し沖の岩でサカナをつている時に潮が満ち始めるととんでもない

早さで満ちて来て帰れなくなる事です。一度風も夢中になり過ぎて

気が付いた時に急速に満ち始め、慌てて岩に飛び移り最後は海に

胸まで浸かりながら命からがら帰った事があります。岩場なので

早い流れがとても危険で子供にはちょっと危ない面もあり

普段から用心してしたのですが、そこは子供つい夢中になって

危ない目に遭いました。潮の流れがそれほど恐ろしいものだと

言う事を身を以て経験したので、それ以来浅い川の流れでも

甘く見ない様になりました。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

Secre

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。