FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に見えるもの

この惑星




コントロールされたデモはある日突然終わり、残ったのはそのような

国であったとの世界の認識だけで、それはその国にとって果たして良い事か

どうかは、それをコントロールした人は未来への責任を負わない。

国と言うのはそういう時の無責任な人々に因って道を迷うものらしい。

彼らはおよそ考えられる喜ばしくない報復をジワジワと行うが

それはやがて天に唾することになり、その愚かさに気が付くだろうか?

しかしその国の人々の真実の姿は何処にあるのかは皆で考えなくてはいけない。

踊らされている人々をあたかもその人々の真実の姿と捉えるのは愚かであり

自分達も同じ所に落ち入る恐れがある。

日本人が東北大震災で世界に見せた国民性、困難に立ち向かう姿、危機時にも

決して奪い破壊する様な姿と無縁であった事は世界が認めた所だ。

その姿を思い出すと、あの破壊と略奪の若者達の哀れさを憐憫の情を持って

見つめ、我が国の若者がそれほど恥知らずではない事を有り難く思う。

あの映像は世界を駆け巡り彼らは自分の恥を知らない事は不幸だ。

踊らされる姿とは角も愚かな事であるが、今の日本も同様にこの無責任な

政治を行う人々に因って、先の震災で見せた国民性をないがしろにする

政治が(およそ政治とは呼べないもの)繰り返されている。

党首選挙などはまったくの茶番であり何も国民に責を果たさない。

福島後の世界観の変化に復興に遅々として進まない政治世界は

他所の国の政治と比べて情けないとしか言いようがない。残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

Secre

     
プロフィール

 風

  • Author: 風
  • リンクはご自由にどうぞ
    著作権が有ります。よろしく
    関連の無いコメント
    トラックバックは
    断り無く削除します
    ごめんなさい。
    それと注意事項ですが、
    心屋は画像をよく使います
    重いのでナローバンドの
    方はイライラします。

    全然ゆっくりしてません
    なぜか、更新してたり。
    なんだか風の人生の墓場
    じゃない人生のアーカイブ
    と言う事でよろしくね

    そうそう、コメントはhttpを
    禁止ワードにしています。
    URLを書き込むとコメント
    出来ないので注意してね
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。